1. HOME > 
  2. 協会について

協会について

ABOUT JDLA

当協会設立の背景及びその設立目的と、協会概要について。

設立目的

本協会は、ディープラーニングを中心とする技術による日本の産業競争力の向上を目指します。

そのため、ディープラーニングを事業の核とする企業および有識者が中心となって、産業活用促進、人材育成、公的機関や産業への提言、国際連携、社会との対話   など、産業の健全な発展のために必要な活動を行っていきます。

協会活動

  • 1. 産業活用促進
    カンファレンスやワークショップ等のイベント開催(主催・共催・協賛等)を通して、産業応用事例や導入課題と対策等、産業が必要とする情報を提供します。また、分野ごとのワーキンググループを設置し、分野特有の課題(技術課題や法的課題等)を整理し、解決を目指します。
  • 2.公的機関や産業への提言活動
    業界の健全な発展と倫理的側面を考慮し、行政・立法等の公的機関および産業界に対し、提言を行います。
  • 3.人材育成
    ディープラーニングに関する知識を有し、事業活用する人材(ジェネラリスト)と、ディープラーニングを実装する人材(エンジニア)の育成を目指します。各々に必要な知識やスキルセットを定義し、資格試験を行うとともに、協会が認定した事業者がトレーニングを提供します。※
    ※資格試験は有償で提供。また、教育事業者のトレーニングの内容・費用は教育事業者により異なります。
  • 4.国際連携活動
    ディープラーニングの社会実装における倫理的、法的、社会的課題に関して、国内外の関係機関と連携し、議論に参加することで、海外の取り組みや考え方を国内に発信し、また国内の活動を海外に発信します。
  • 5.社会との対話
    「人工知能」と総称され、現段階でできることとできないことが曖昧になることで、過剰な期待や過大な心配が社会に生まれつつあります。情報発信や社会との対話を目指す活動を通し、ディープラーニングに対する理解を促進します。

協会概要

名称 一般社団法人 日本ディープラーニング協会
英称 Japan Deep Learning Association (略称:JDLA)
理事長 松尾 豊  東京大学大学院工学系研究科 特任准教授
理事 井﨑 武士  エヌビディア合同会社 エンタープライズ事業部長
上野山 勝也  株式会社PKSHA Technology 代表取締役
岡田 陽介  株式会社ABEJA 代表取締役CEO
岡谷 貴之  東北大学大学院 情報科学研究科 教授
尾形 哲也  早稲田大学基幹理工学部表現工学科 教授
川上 登福  株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス 代表取締役CEO
草野 隆史  株式会社ブレインパッド 代表取締役会長
佐藤 聡  株式会社クロスコンパス 代表取締役社長
南野 充則  株式会社FiNC 取締役 CTO
※五十音順
監事 渡辺 英治  渡辺税理士事務所
設立日 2017年6月1日
所在地 105-0001 東京都港区虎ノ門4−1−20 田中山ビル10F (株式会社ABEJA内)
URL www.jdla.org

組織構成