【動画公開】日本におけるディープラーニングの現状と将来の展望「G検定 公式テキスト 第2版」刊行記念オンラインセミナー(5月27日開催)より

2021年5月27日(木)、「G検定 公式テキスト 第2版」刊行を記念したオンラインセミナー(主催:株式会社翔泳社)が開催され、JDLAの理事・事務局長の岡田 隆太朗氏が登壇。DX社会におけるディープラーニングの知識の重要性やG検定取得のメリットなどについてわかりやすく解説した本セミナーの模様をYoutubeにて公開しました。

Share facebook twitter

ディープラーニングをビジネスに実装していくことが日本産業界の未来に繋がる

 2012年以降、圧倒的なスピードで進化を続けているディープラーニングの技術。世界レベルではこの技術を導入した企業が飛躍的に成長している中、日本ではまだまだ導入企業が少なく、日本産業界は危機的状況に立たされています。

 DX推進に取り組んでいる企業は多いものの、テクノロジーをしっかり理解した上で使いこなせる人材が不足しているために、AIやディープラーニングの技術を活用しきれていないのが現状です。

 もしも各企業が、ディープラーニングの技術をきちんとビジネスに実装できれば、DXは格段にスピードアップし、日本産業界全体も成長できることが予測されています。

 そのためには、技術者のみならず、経営層を含めたすべてのビジネスパーソンが「ディープラーニングの基礎知識を有し、適切な活用方針を決定して事業応用する能力を持つ人材」、すなわち「ジェネラリスト」になることが急務です。

 JDLAは、ディープラーニングにおけるジェネラリスト人材の育成のために、ひいては日本の産業競争力を向上させるために、「G検定」をはじめとした様々な学習プログラムを提供しています。

    日本におけるディープラーニングの現状と将来の展望

  • 日本ディープラーニング協会とG検定について
  • 日本におけるディープラーニングの現状
  • なぜディープラーニングの世界においてジェネラリストが必要なのか
  • G検定を取得するメリットや将来の展望
  • 新シラバスの注目ポイント(※AIプロジェクトの進め方等)ついて

 本セミナー動画は、日本におけるディープラーニングの現状、G検定が今必要とされている理由、ディープラーニング導入の成功事例などが、上記アジェンダに沿って丁寧に解説されており、今後ディープラーニングをビジネスに展開するためのヒントが多数ちりばめられた大変貴重な内容となっております。

 また、JDLAが提供する、すべてのビジネスパーソンを対象にした無料のエントリー講座「AI For Everyone」についての説明や、4月15日に発表された新シラバスの特徴、合格者コミュニティの紹介など、他では聞くことのできないJDLA発信ならではの情報も充実しています。

 G検定を受験予定の方や受験を検討中の方、またG検定の導入をご検討中の企業担当者様は、特にお見逃しのないように!

岡田 隆太朗(おかだ りゅうたろう)
一般社団法人日本ディープラーニング協会 理事・事務局長
1974年生まれ。東京都出身。慶應義塾大学経済学部在学中に起業。2012年、株式会社ABEJAを共同創業した他、数社の代表取締役として会社経営およびプロジェクトリーダーとして従事。2017年、ディープラーニングの産業活用促進を目的に一般社団法人日本ディープラーニング協会を設立し事務局長に就任。2018年より同理事兼任。文科省「データ関連人材育成プログラム」評価委員、NEDO「モビリティサービス分野アーキテクチャ検討委員会」委員

■次回G(ジェネラリスト)検定は7月17日(土)開催 受験申込受付中!

 2021年7月17日(土)実施の第2回「G(ジェネラリスト)検定」の受験申込を受付中です。申込期間は7月9日(金)まで。

 DX時代における、ビジネスパーソンの必携リテラシーとして注目が集まる「G(ジェネラリスト)検定」。ディープラーニングの事業活用の検討や企画・推進に必要なリテラシー習得を目指すために、ご活用ください。

 法人等、団体単位でのお申し込みも可能です。この機会に、企業内教育、研修等へのご導入も是非ご検討ください。

・G検定とは
https://www.jdla.org/certificate/general/

・受験申込サイト
https://www.jdla-exam.org/d/

■新シラバス対応! G検定公式テキストの第2版が好評発売中

 JDLA監修によるG検定の公式テキスト。最新シラバスに完全に準拠し、試験を知り尽くした著者陣がディープラーニングの基本から解説しています。ディープラーニングの概要から、最新の事例、注目技術まで幅広く学ぶことができるので、検定試験対策書としてだけではなく、ディープラーニングを学ぶための入門書としても最適です。

『深層学習教科書 ディープラーニング G検定(ジェネラリスト)公式テキスト 第2版』

監修:一般社団法人日本ディープラーニング協会
発売日:2021年4月27日(火)
定価:3,080円(本体2,800円+税10%)
判型:A5・404ページ

全国の書店、ネット書店などでご購入いただけます
・翔泳社の通販:https://www.seshop.com/product/detail/23864
・Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4798165948