DX潮流で問われる、これからの企業リテラシー

DX潮流で問われる、これからの企業リテラシー〜時代の鍵は、AIへの意識改革〜

Share facebook twitter

AIはビジネスにおけるコア・リテラシーに

野口

 AI技術を使ってDXを加速させるためには、「まず管理職の人間が率先してAIを学ぶべきだ」と考えているのですが、どのように思われますか。

松尾

 まさにそうですね。特に管理職の方々は、担当している仕事が自動化、デジタル化、AI化されるわけですから、AIを知らないと、その管理能力が問われることになるわけです。

 それを理解しているか否かで、追い風になるか向かい風になるかの大きな違いになっていきます。

 また近い将来、AIは全員必須の共通リテラシーになっていきます。少なくとも会計などと同様の理解レベルにはしておかないといけないですね。

野口

 企業内で会話が成り立たなくなっていくレベルになっていくんですね。

松尾

 その可能性は、かなり大きいでしょうね。

 AIというと難しい印象を覚える人も多いのですが、実は、経営層にとっては、とっつきやすい分野な気がしているんです。

 ネット系企業のカルチャーや、PDCAを回して仮説検証するようなことと比べると、AIは非常に数理的な問題で、指数的に上がっていくということさえわかれば、理解しやすいと思います。

 その上で、未知の結果に向かって、どれだけ素早く、身構えずにトライできるか、というネット系企業の世界観に入っていくイメージです。

野口

 スタートアップの勢いもまさにそうですね!

松尾

 最初は小さくても、成長率が大きければ、それが当たりとなっていきますよね。ネット系企業では、PDCAのサイクルが圧倒的に速いので、経験値が完全に違うんですよ。

 このまま放置していたら、レガシー企業は、ネットカルチャーを持っているスタートアップ企業にさらなるスピードで食われてしまうでしょう。

 もし長期経営という考え方があったとしても、ネット系企業とはカルチャーが違うことを考慮すると、レガシー企業のDXにおいては、部署を分けての導入実施が必要かもしれませんね。

野口

 活用できるデータだけは横ぐしで整理できる状態にしておいて、実行は切り離していくということですかね。そうすることで、スピードアップできるイメージが湧きますね!

松尾

 繰り返しになりますが、経営層は、企業やビジネスがどのように変わっていくか、そこを見据えることが大切になります。その上で、デジタル化やAIの活用、組織・顧客との関係性を変化させていく。

 手法としてのAIリテラシーを理解しながら、ビジネスが急速に変わっていくことを鑑み、企業の究極的な目標として、きちんと未来を見据える。

 それが無風状態に風を吹かせる、今後の経営層に必要なことだと思います。

野口

 今日のお話を受けて、企業内でビジネスAI人材をたくさん量産しなければいけないなと、改めて強く思いました。

 本日はありがとうございました。

野口さんの著書「文系AI人材になる」に、お互いのサインを書き合って。
松尾 豊 教授
東京大学大学院 工学系研究科・教授 松尾 豊(まつお ゆたか)

1997年 東京大学工学部電子情報工学科卒業。2002年 同大学院博士課程修了。博士(工学)。産業技術総合研究所研究員、スタンフォード大学客員研究員を経て、2007年より、東京大学大学院工学系研究科准教授、2014年より特任准教授。専門分野は、人工知能、ウェブマイニング、深層学習。2014年から2018年まで人工知能学会 倫理委員長。2017年より日本ディープラーニング協会理事長。

野口竜司氏
株式会社ZOZOテクノロジーズ
VP of AI driven business
野口 竜司(のぐち りゅうじ)

「文系AI人材」として様々なAIプロジェクトを推進。AIビジネス推進や企業のAIネイティブ化に力を入れる。大学在学中に京都発ITベンチャーに参画し子会社社長や取締役として、レコメンド・ビッグデータ・AI・海外コマースなどの分野で新規事業を立ち上げる。その後、ZOZOグループにジョイン。副業で大手企業やスタートアップ向けのAI研修やAI顧問も提供。著書に「文系AI人材になる」など。

取材・文:寺西 藍子(indigo,Inc)

写真:小西 泰央(Wembley MediaArts LLC)