次回7月4日G検定、受験料半額での実施を決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「#今こそ学ぼう」でディープラーニング学習者を支援

日本ディープラーニング協会(以下JDLA)は、2020年7月4日(土)に実施する2020年 第2回 ジェネラリスト検定「JDLA Deep Learning for GENERAL 2020#2」(以下G検定)の受験料を半額にすることを決定しました。通常の受験料は、一般:12,000円/学生:5,000円のところ、次回試験に限り一般:6,000円/学生:2,500円となります。(価格はすべて税抜)

その背景としてJDLA理事長の松尾 豊は、「新型コロナウィルスの感染拡大により多くの国民が自宅に留まることを余儀なくされ、在宅時間が長期化しています。一方で、通勤時間や接待などに取られていた時間を自宅で有意義に過ごすことも可能であり、こんな時こそ学習に向かう絶好のチャンスと捉えていただきたい。」と語ります。更に「ディープラーニングを学習することにより、AI人材として自身の市場価値が飛躍的に高まることも認識して欲しいです。コロナの影響により、対人コミュニケーションを始め様々なもののオンライン化、デジタル化が加速するのは自明です。過去を見渡しても、チャンスは常に世の中の変化により生まれてきました。コロナによる不安を学習で払拭するためにも7月4日実施のG検定受験料を半額にし、皆さんの学習をサポートしたい。」と、今回のG検定受験料半額を決定した経緯を説明します。

また、JDLAでは「#今こそ学ぼう」と銘打ち、JDLA認定プログラムの実施事業者が無料公開する学習コンテンツを積極的に紹介しディープラーニングを学習する方々を支援しています。一部、G検定向けコンテンツも含まれているため、そちらも合わせてご覧ください。< https://jdla.org/news/2020031301/ >

2020年 第2回 G検定の申込開始は5月15日(金)を予定しており、オンラインでの自宅受験が可能です。試験の詳細は同日にJDLA公式ホームページにてご案内いたします。

<JDLA資格試験について>

JDLAでは、ディープラーニングに関する知識を有し、「事業活用する人材(ジェネラリスト)」と、「ディープラーニングを実装する人材(エンジニア)」の育成を目指しております。

JDLA資格試験の合格者には認定ロゴと合格証を配布し、合格者のみが参加できるコミュニティ「CDLE(Community of Deep Learning Evangelists)」へご招待しています。

※ジェネラリスト

ディープラーニングの基礎知識を有し、適切な活用方針を決定して事業応用する能力を持つ人材

※エンジニア

ディープラーニングの理論を理解し、適切な手法を選択して実装する能力を持つ人材

※CDLE(Community of Deep Learning Evangelists

オンラインコミュニティに加え、協会主催の「合格者の会」やCDLEメンバー主催の勉強会など、オフラインの場でも合格者同士の交流を行っております

<日本ディープラーニング協会について>

日本ディープラーニング協会は、ディープラーニングを事業の核とする企業が中心となり、ディープラーニング技術を日本の産業競争力につなげていこうという意図のもとに設立されました。ディープラーニングを事業の核とする企業および有識者が中心となって、産業活用促進、人材育成、公的機関や産業への提言、国際連携、社会との対話 など、産業の健全な発展のために必要な活動を行っています。

設立日 : 2017年6月1日

所在地 : 〒105-0011 東京都港区芝公園1丁目1番1号 住友不動産御成門タワー9F

理事長 : 松尾 豊 東京大学大学院工学系研究科 教授

ホームページ  : http://jdla.org

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る