協会活動について

協会活動

1.産業活用促進

カンファレンスやワークショップ等のイベント開催(主催・共催・協賛等)を通して、産業応用事例や導入課題と対策等、産業が必要とする情報を提供します。また、分野ごとのワーキンググループを設置し、分野特有の課題(技術課題や法的課題等)を整理し、解決を目指します。

2.公的機関や産業への提言活動

業界の健全な発展と倫理的側面を考慮し、行政・立法等の公的機関および産業界に対し、提言を行います。

3.人材育成

ディープラーニングに関する知識を有し、事業活用する人材(ジェネラリスト)と、ディープラーニングを実装する人材(エンジニア)の育成を目指します。各々に必要な知識やスキルセットを定義し、資格試験を行うとともに、協会が認定した事業者がトレーニングを提供します。※
※資格試験は有償で提供。また、教育事業者のトレーニングの内容・費用は教育事業者により異なります。

4.国際連携活動

ディープラーニングの社会実装における倫理的、法的、社会的課題に関して、国内外の関係機関と連携し、議論に参加することで、海外の取り組みや考え方を国内に発信し、また国内の活動を海外に発信します。

5.社会との対話

「人工知能」と総称され、現段階でできることとできないことが曖昧になることで、過剰な期待や過大な心配が社会に生まれつつあります。情報発信や社会との対話を目指す活動を通し、ディープラーニングに対する理解を促進します。

啓蒙・普及活動

ディープラーニング活用事例の収集

JDLAでは、ディープラーニング技術の普及・実装に向けて、研究開発段階から一定の成果が出ている実装段階の事例まで、日本各地におけるディープラーニングの活用事例を収集し、公表しています。
活用事例は随時募集しております。自薦・他薦、規模の大小は問いません。
また、事例収集にご協力いただけるパートナーを募集しております。

活用事例の書籍化

ディープラーニング活用の教科書

  • JDLA監修書籍

著者:日本ディープラーニング協会、 日経クロストレンド(編集)
出版社:日経BP社

国内35社のディープラーニングを活用したビジネス事例集です。各事例において、課題点、解決策、苦労したポイントを解説しています。ビジネス活用のポイントを学ぶのにおすすめです。

ディープラーニング活用の教科書 実践編

  • JDLA監修書籍

著者:日本ディープラーニング協会、 日経クロストレンド(編集)
出版社:日経BP社

ディープラーニングビジネス活用アワード

ディープラーニングをビジネスに活用している事例を収集し、表彰する「ディープラーニングビジネス活用アワード」を後援しています。2019年秋に初開催し、キユーピーの「AI食品原料検査装置」が大賞を受賞しました。JDLA正会員社であるAnyTechは、世界初の水質判定AI「DeepLiquid(ディープリキッド)」で優秀賞を受賞しました。
2020年秋に第2回大会を実施する予定です。

標準化の基準作り

AI・ディープラーニングのビジネス活用を促進し、参入障壁を低くするために外部団体・機関と連携しながら各種標準化に取り組んでいます。

ディープラーニング開発標準契約書

スタートアップと大企業間での契約締結を円滑化し、さらなるディープラーニング技術の産業活用の促進を目的として、ディープラーニング開発標準契約書のひな型を策定いたしました。
大企業がスタートアップに委託して開発を行うという前提のもと、スタートアップには充分な契約実務の経験およびスキルを要する人材が乏しいこと等を考慮し、可能な限り簡便な契約書の策定を目指しました。

本契約書のひな形は、主に受託者となるスタートアップが本契約書の利用者となることを想定しています。是非、ダウンロードフォームよりお申込みの上、ご活用ください。

研究会

協会の活動目的に沿った専門のテーマについて、知見の収集や議論を深める場として「研究会」を運営しています。年間を通じた活動の成果は提言や報告書等にまとめ、ディープラーニング技術の社会実装の促進に向けて実務に役立つアウトプットを発信していきます。扱うテーマは理事会の年次計画に基づいて決定し、理事が座長を務め、会員社と有識者会員を中心としたメンバーで活動しています。

入会のご案内