2019/04/10 プレスリリース

「全国高等専門学校ディープラーニングコンテスト(DCON)2019」4/24(水)本選(最終審査)開催のお知らせ

ディープラーニング×ハードウェア 高専生による事業創出コンテスト
「全国高等専門学校ディープラーニングコンテスト(DCON)2019」
2019年4月24日(水)本選(最終審査)開催のお知らせ

ディープラーニングを中心とする技術による日本の産業競争力の向上を目指す「日本ディープラーニング協会」(理事長:松尾 豊 東京大学大学院工学系研究科 教授、英称:Japan Deep Learning Association、以下JDLA)は、株式会社日本経済新聞社(代表取締役社長:岡田 直敏、以下日経新聞社)と共催し、2019年4月24日(水)、丸ビルホール(東京都千代田区丸の内2-4-1 AI/SUM会場内)において、「全国高等専門学校ディープラーニングコンテスト2019」(以下DCON(ディーコン))の本選(最終審査)を開催いたします。本選では、全国の高専の学生チーム8組が、「ものづくりの技術」と「ディープラーニング」を活用した作品によって生み出される「事業性」を競います。なお、本選に挑む8組には、JDLAの理事を含む協力社の有志が各1名ずつメンターとして参画し、開発した作品の「事業化」を支援します。

DCONとは、高専生の日頃の学習成果を活かした「ものづくりの技術」と「ディープラーニング」を活用した作品によって生み出される「事業性」を競うコンテストです。最終審査は、作品の事業化を想定し紹介するプレゼン形式で行います。JDLAは、産業活用を促進する人材を育成すべく、ビジネスの視点を持つ世界に通じるディープラーニングエンジニアを高専から輩出するためのサポートを目的に、DCONの開催を決定いたしました。

ディープラーニングの技術を、習得し、活用する場合、カメラ、通信、電源、チップ、アクチュエータ、さまざまな制御機械等、ハードウェアの知識が必要になります。ディープラーニングを学んだ人がハードウェアを学ぶのには時間がかかります。一方で、ハードウェアを学んだ人がディープラーニングを学ぶのは早く、半年から1年で習得可能です。高専生は、電気・機械の技術を実践的に身につけており、さらに、ディープラーニングの吸収も早いと考えられます。高専生がディープラーニングを身につけると、機械・電気・ディープラーニングという三種の神器が揃った20代の人材が日本に誕生することとなり、世界的に見ても非常に貴重な人材となりえます。また、全国各地にある高専発のベンチャーが地元で誕生することで、地方経済にも大きな刺激になり、さらには、地方にある優良なものづくり企業と連携することで、地元企業の底上げにもつながります。

2019年4月に最終審査を実施する今回のDCONでは、2019年2月に高専生が既に開発した作品をベースに募集を行ったところ、全国の高専18組から応募があり、予選(書類審査)の結果8組が本選に進む運びとなりました。最終選考に残った8組は、JDLAの理事をはじめ事業経験が豊富な協力社の有志をメンターに迎え、各作品の「事業化」に向けてのメンタリングを進め最終審査であるプレゼンに臨んでいただきます。優勝したチームには,日本ディープラーニング協会若手奨励賞が授与されます。 なお、各チームの作品の詳細については、「全国高等専門学校ディープラーニングコンテスト2019」の公式サイト(https://dcon.ai)をご参照ください。

<全国高等専門学校ディープラーニングコンテスト(DCON)2019概要>

概  要

高専生の日頃の学習成果を活かした、ものづくりの技術に、ディープラーニングを活用することで、社会課題を解決する作品を作り出すコンテストであり、作品によって生み出される「事業性」を競う。

主  催  JDLA、株式会社日本経済新聞社

協  力

株式会社 IGPI ビジネスアナリティクス&インテリジェンス、株式会社 ABEJA、
インフィニティ・ベンチャーズ LLP 、株式会社 WiL、connectome.design 株式会社、
株式会社さくらインターネット、株式会社ディープコア、
DBJ キャピタル株式会社、株式会社東京大学エッジキャピタル、
ニューラルポケット株式会社、フラー株式会社、
株式会社ブレインパッド、株式会社プレックス
(社名五十音順)

後  援  国立高等専門学校機構、経済産業省、文部科学省

運  営  DCON 準備委員会(JDLA および協力企業で組成)

メンター

岡田 陽介 様(株式会社 ABEJA)、小野 裕史 様(インフィニティ・ベンチャーズ LLP)、
草野 隆史 様(株式会社ブレインパッド)、黒崎 俊 様(株式会社プレックス/松尾研究室)、
佐藤 聡 様(connectome.design 株式会社)、重松 路威 様(ニューラルポケット株式会社)、
渋谷 修太 様(フラー株式会社)、田中 邦裕 様(さくらインターネット株式会社)
(氏名五十音順)

審  査  員

伊佐山 元 様(株式会社 WiL)、河合 将文 様(DBJ キャピタル株式会社)、
川上 登福 様(株式会社 IGPI ビジネスアナリティクス&インテリジェンス)、
郷治 友孝 様(株式会社東京大学エッジキャピタル)、
仁木 勝雅 様(株式会社ディープコア)
(氏名五十音順)

技術評価者

尾形 哲也 様(早稲田大学 基幹理工学部表現工学科 教授/JDLA 理事)
松尾 豊(東京大学大学院工学系研究科 教授/JDLA 理事長/ DCON 準備委員会委員長)

日  程

募集期間    :2019年2 月 8 日(金)~ 28 日(木)
予選(書類審査):3 月 1 日(金)~ 7 日(木)
予選結果発表  :3 月 8 日(金)
作品展示    :4 月 22 日(月)~ 24 日(水)10:00-18:00(最終日のみ 16:00 まで)
本選(最終審査):4 月 24 日(水)9:00-12:00
表彰式     :4 月 24 日(水)15:00-15:30
※4 月 22 日(月)10:00 〜 24 日(水)16:00 まで作品の詳細を展示します(展示はご自由にご覧いただけます)
展示場所    :東京都千代田区丸の内 2-4-1 丸ビル 1F マルキューブ
※4 月 24 日(水)の最終審査および表彰式への入場には AI/SUM(https://aisum.jp/ja/)のチケットが必要です

最終審査会場  新丸ビル 9F コンファレンススクエア ROOM901(東京都千代田区丸の内 1-5-1 AI/SUM 会場内)

表 彰 式 会 場  丸ビルホール(東京都千代田区丸の内 2-4-1 AI/SUM 会場内)

当日プログラム

9:00 開会宣言
9:10 コンテストルール説明
9:10 プレゼンテーション × 8Team(15分=2時間)
• メンターによるチーム紹介
• チームメンバーによるプレゼン(6分)
• 技術講評
• 質疑応答
• 投資判断
11:10 トークセッション (20分) / 別室にて審査会議
11:30 全体表彰 (30分)
• 講評
• 表彰
• 閉会宣言
12:00 閉会
15:00 表彰式(30分)
会場:丸ビルホール(東京都千代田区丸の内 2-4-1 AI/SUM 会場内)

公 式 H P        https://dcon.ai

 

<第1回全国高等専門学校ディープラーニングコンテスト 本選出場チーム>

■長岡工業高等専門学校 長岡高専 視聴覚情報処理研究室
• 人数:3名
• 作品名:モバイル端末による屋内ナビゲーションのための移動量推定システム

■長岡工業高等専門学校 長岡高専プレラボチーム
• 人数:3名
• 作品名:METERAI

■沼津工業高等専門学校 鄭研究室ドライブレコーダチーム
• 人数:3名
• 作品名:ドライブレコーダによる交通流データ取得システム

■香川高等専門学校 MILab & TEAM ARK
• 人数:7名
• 作品名:送電線点検ロボット

■香川高等専門学校 TEAM SKY
• 人数:4名
• 作品名:イノシシ捕獲用箱罠

■阿南工業高等専門学校 中山昌孝
• 人数:1名
• 作品名:深層学習を利用した道路状況を表示するサイネージシステム

■沖縄工業高等専門学校 Fish learning
• 人数:8名
• 作品名:ディープラーニングを用いた美ら海の魅力発信プロジェクト

■沖縄工業高等専門学校 チーム bore tracking
• 人数:3名
• 作品名:ドローン広域自律飛行システムを用いた動物(イノシシ)の自動発見・自動追跡システム

 

<『日本ディープラーニング協会』概要>
設立日 :2017年6月1日
所在地 :〒105-0001 東京都港区芝公園1−1−1 住友不動産御成門タワー9F
理事長 :松尾 豊 東京大学大学院工学系研究科 教授
ホームページ :https://www.jdla.org

 

【本件に関するお問い合わせ先】
DCON準備委員会 事務局(日本ディープラーニング運営事務局内) 担当:岡田,中野
Mail:press@jdla.org