【2021年第3回G検定 結果】7,399名が受験し、4,769名が合格。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2021年 第3回 G検定(ジェネラリスト検定)結果発表

日本ディープラーニング協会(以下JDLA)は、2021年 第3回 G検定を2021年11月6日(土)に実施。7,399名が受験し、4,769名の合格者が誕生しました。

2021年第3回G検定の受験者数は7,399名。そのうち合格者数は4,769名、合格率は64.45%という結果になりました。これにより、G検定の累計受験者数は68,286名、合格者数は44,912名になりました。

「DL for DX」G検定をDX時代のすべてのビジネスパーソンへ。

JDLAは、DX時代に対応できるビジネスパーソンの育成を目指し、G検定の啓発に引き続き努めて参ります。

G検定シラバス範囲は、「日本のデジタル人材育成を加速する」ことを目指すデジタルリテラシー協議会においても、これからのすべてのビジネスパーソンが持っておくべき共通デジタルリテラシー「Di-Lite」(https://www.dilite.jp/)領域範囲の中に位置づけられ、受験推奨されています。

JDLAは、G検定をより多くのDXを推進する企業や団体、またビジネスパーソンの方に受験していただくことを通じ、日本の産業競争力向上に貢献していきたいと考えます。

<2021年 第3回 G検定(ジェネラリスト検定)概要>

名称  : JDLA Deep Learning for GENERAL 2021 #3
概要  : ディープラーニングを事業に活かすための知識を有しているかを検定する
受験資格: 制限なし
試験概要: 120分、小問191問、オンライン実施(自宅受験)
出題範囲: シラバス(https://jdla.org/certificate/general/#general_No03)より出題
受験料 : 一般 13,200円(税込)、学生 5,500円(税込)
試験日 : 2021年11月6日(土)13:00より120分

次回、2022年 第1回 G検定は、2022年3月5日(土)を予定しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る