JDLA プレスリリース

ディープラーニング活用事業コンテスト「DCON2019」出場者から2社目の起業 高専生が日頃培った〈ものづくりの技術〉と〈ディープラーニング〉を活用して企業の評価額を競うコンテスト「全国高等専門学校ディープラーニングコンテスト2019」(以下DCON2019)」の出場者、武智大河氏(...
ライブ配信・司会・出場チーム概要など、詳細を発表いたします。 高専生が日頃培った〈ものづくりの技術〉と、AI(人工知能)分野で特に成果を出す技術〈ディープラーニング〉を活用して、事業の評価額を競うコンテスト「DCON2020」。8/22(土)に開催となる本選の詳細情報を発表いたします。 ...
第2回 G検定(ジェネラリスト検定) の結果を発表。 日本ディープラーニング協会(以下JDLA)は、2020年 第2回 G検定を2020年7月4日(土)に実施。過去最高となる12,552名が受験し、8,656名の合格者が誕生しました。AI(人工知能)分野の中でも特に成果を出すディープラーニン...
高専生が日頃培った〈ものづくりの技術〉と、人工知能(AI)分野の重要技術〈ディープラーニング〉を活用して事業評価額を競います。 高等専門学校の学生(以下、高専生)が日頃培った〈ものづくりの技術〉と〈ディープラーニング〉を活用した作品を制作し、その作品によって生み出される〈事業性〉を事業評価額...
「AI活用が当たり前」の未来に向け、すべての人に取得を勧める意見が多数となる結果に 日本ディープラーニング協会(以下JDLA)は、G検定の合格者約1,400名を対象に〈G検定の取得メリットや、取得へ向けて学習した感想など〉を聞くアンケート調査を実施しました。 ◆調査サマリー ...
「#今こそ学ぼう」でディープラーニング学習者を支援 日本ディープラーニング協会(以下JDLA)は、2020年7月4日(土)に実施する2020年 第2回 ジェネラリスト検定「JDLA Deep Learning for GENERAL 2020#2」(以下G検定)の受験料を半額にすることを決定...
ディープラーニングを中心とする技術による日本の産業競争力の向上を目指す「日本ディープラーニング協会」(理事長:松尾 豊 以下JDLA)は、ディーブラーニングを実装するエンジニア人材の資格試験である「E資格」の取得に受講が必要なJDLA認定プログラムの実施事業者から協力を得て、期間限定で無料提供する...
「E資格(エンジニア資格)2020#1」結果発表 ~709名が合格、累計1,660名のエンジニア人材が誕生~ ディープラーニングを中心とする技術による日本の産業競争力の向上を目指す「日本ディープラーニング協会」(理事長:松尾 豊 東京大学大学院工学系研究科 教授、英称:Japan Deep Le...