JDLA イベント情報

名 称: NVIDIA AI DAYS 2022
主 催: NVIDIA合同会社
会 場: オンライン開催
日 時: 2022年6月23日(木)~ 24日(金)
受講料: 無料(要申込)
詳 細: https://www.ai-days2022.com/?r=jdla
登 壇: 
◆JDLAセッション①:6月23日(木) 16:00~16:40【D1-9】
 「人材育成 for DX」デジタル人材育成最前線2022
 ・日本ディープラーニング協会 事務局長 岡田 隆太朗

◆JDLAセッション②:6月23日(木)17:00~17:40【D1-10】
 「人材育成 for DX」事例から紐解く企業のデジタル人材育成成功の鍵
 ・ベネッセコーポレーション 飯田 智紀氏
 ・日本ディープラーニング協会 事務局長 岡田 隆太朗

名 称: 第28回画像センシングシンポジウム(SSII2022)
主 催: 画像センシング技術研究会
会 場: パシフィコ横浜アネックスホール
日 時: 2022年6月8日(水)~ 10日(金)
受講料: 有料(要申込)
詳 細: https://confit.atlas.jp/guide/event/ssii2022/top
登 壇: 
◆特別企画:6月9日(水) 12:45~13:45
 DX時代のAI人材育成 最前線〜今産業界で求められるスキルとは何か?〜
 ・日本ディープラーニング協会 事務局長 岡田 隆太朗
 ・伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 エキスパートエンジニア 荻野 圭介 氏
 ・独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC) 石油天然ガス事業本部
デジタル推進グループデジタル企画チームサブリーダー 山根 規人 氏

社会的にDX(デジタルトランスフォーメーション)が進む中、産業界では人材育成に関する機運が高まっている。組織のあり方や人材像も変化する中で、ビジネスパーソンはどのようなスキルを持つことが求められているのか?AI人材育成において先進的な取り組みを進める2社の事例を紹介し、紐解いていく。また、今後、デジタル人材として、AI関連の職種を希望する学生にとって、G検定やE資格などの資格保有の重要性や活用方法もたっぷりご紹介する。

名 称: Japan Drone 2022 
主 催: (一社)日本UAS産業復興協議会
     株式会社コングレ
協 賛: (一社)日本ディープラーニング協会
会 場: 幕張メッセ
日 時: 2022年6月21日(火)~6月23日(木)
受講料: 有料(ただし事前登録者、招待状持参者は無料)
詳 細: https://ssl.japan-drone.com/index.html

名 称: 2022年度 人工知能学会全国大会(第36回)
主 催: (一社)人工知能学会
協 賛: (一社)日本ディープラーニング協会
会 場: 国立京都国際会館(〒606-0001 京都府京都市左京区岩倉大鷺町422)
     現地会場(国立京都国際会館)とオンラインとのハイブリッド開催を計画しております。しかし、今後のCOVID-19感染状況を受けて、開催形態は変更となる可能性があることをご了承ください。
日 時: 2022年6月14日(火)~6月17日(金)
受講料: 有料(要申込)
詳 細: https://www.ai-gakkai.or.jp/jsai2022/
登 壇: 
◆企画セッション:6月17日(金) 14:00~15:40 A会場【4A3-KS-14-01】
 「“1億総AI人材時代へ” 、チームJAPANがやるべきこと」
IT,ビッグデータ,AIビジネスにおいて欧米中から大きく水をあけられた日本の中央が遅れを取り戻そうとようやく、必死に、本気でコミットしている。待ったなしの向こう10年で挽回して変革を起こしていくためにAIの産業、社会実装はまさに一丁目一番地。それではチームJAPANとしてどんなプレイヤーがどんな役割を担っていけばいいのか。産学官で考える人材育成、産学公で考える地方からのイノベーション創出、二部に分けてパネル形式で具体的道筋を示します。

名 称: 第6回 AI・人工知能EXPO【春】
主 催: RX JAPAN株式会社
後 援: (一社)人工知能学会
     (一社)日本ディープラーニング協会
     (一社)AIビジネス推進コンソーシアム
会 場: 東京ビックサイト 南展示棟
日 時: 2022年5月11日(水)~ 13日(金)10:00~18:00
受講料: 無料(要申込)
詳 細: https://www.nextech-week.jp/spring/ja-jp/about/ai.html

名 称:第1回 デジタル人材育成支援EXPO【春】
主 催: RX JAPAN株式会社
後 援: (一社)人工知能学会
     (一社)データサイエンティスト協会
     (独)情報処理推進機構
     (一社)日本ディープラーニング協会
     デジタルリテラシー協議会
会 場: 東京ビックサイト 南展示棟
日 時: 2022年5月11日(水)~ 13日(金)10:00~18:00
受講料: 無料(要申込)
詳 細: https://www.nextech-week.jp/spring/ja-jp/about/dxh.html
登 壇: 
◆デジタルリテラシー協議会 基調講演:5月11日(水) 11:45~12:45【NT-K】
 Society5.0へ向けたデジタル人材育成「DX実現に向け、社会全体でデジタル人材育成の加速を(仮)」
 ・(一社)データサイエンティスト協会 代表理事 草野 隆史氏
 ・(独)情報処理推進機構 理事長 富田 達夫氏
 ・(一社)日本ディープラーニング協会 理事長 松尾 豊
◆JDLAセッション:5月12日(木)10:00~11:00【DX-2】
 DX推進の鍵!デジタル人材育成戦略「産業界で加速するデジタル人材育成。その成功の鍵とは?」
 ・ジェイテクト 小野﨑 徹氏
 ・ダイハツ工業 太古 無限氏
 ・日本ディープラーニング協会 事務局長 岡田 隆太朗

名 称: NVIDIA GTC 2022
主 催: NVIDIA
後 援: (一社)日本ディープラーニング協会
会 場: オンライン開催
日 時: 2022年3月21日(月)~24日(木)
受講料: 無料(要申込)
登 壇: 
◆24日(木) 13:00~13:50
「「DL for DX」DX潮流で高まるAI・ディープラーニングの重要性と、加速するデジタル人材育成について」
DXが進む社会において、誰もがデジタルを活用できるリテラシーを有することが求められています。AI・ディープラーニングは、その中で身につけておくべき重要な領域として位置づけられ、今様々な企業がそのリテラシー整備に向けた取り組みを急速に進め始めています。本セッションでは、そうしたデジタル人材育成に関する社会の動向や企業の取組事例についてお話しします。
・日本ディープラーニング協会 事務局長 岡田 隆太郎氏
詳 細: https://www.nvidia.com/gtc/

名 称: GPAI 雇用の未来:Future of work survey report 2021
主 催: 東京大学未来ビジョン研究センター
共 催: 同志社大学働き方と科学技術研究センター
     理化学研究所未来戦略室
     経済産業省
     総務省
協 力: (一社)日本ディープラーニング協会¥
会 場: オンライン
日 時: 2022年3月9日(水)10:00~12:00
受講料: 無料(要申込)
詳 細: https://ifi.u-tokyo.ac.jp/event/12174/

名 称: 高専GIRLS SDGs × Technology Contest(高専GCON2021)
主 催: 国立高等専門学校機構
共 催: 日本経済新聞社
後 援: 文部科学省
     (一社)全国高等専門学校連合会
     (一社)日本ディープラーニング協会
会 場: オンライン
日 時: 2022年1月22日(水)13:30~17:00
受講料: 無料(要申込)
詳 細: https://events.nikkei.co.jp/44565/