JDLA イベント情報

受賞企業や松尾豊氏による講演も予定。ディープラーニング活用最前線の事例を知る絶好の機会です。

日本ディープラーニング協会(以下JDLA)が後援する、第2回ディープラーニングビジネス活用アワードの受賞記念セミナーが日経クロステック EXPO 2020にて行われます。これからの指針となる、最新のディープラーニング活用事例をお見逃しなく。【視聴には事前登録が必要、締め切りは10月5日(月)まで】

昨今多くの企業が取り組むDX推進。その要となるのが人工知能(AI)、とりわけ精度の向上が著しいディープラーニングの活用です。本アワードでは実際にディープラーニングで新たな事業を生み出した取り組みや、産業・社会的なインパクトの大きな取り組みを企業から募集。特に優れた事例を表彰します。

 10月14日(水)に行われる受賞記念セミナーでは、ディープラーニングの活用を目指す企業にとって指針となりうる受賞プロジェクトの内容が紹介されます。審査員による講評・解説が行われるほか、受賞企業の担当者による講演やパネルディスカッションを予定。ディー ...

DCON2021公式ホームページにて、エントリー受付を開始

高専生が日頃培った〈ものづくりの技術〉と、AI(人工知能)分野で特に成果を出す技術〈ディープラーニング〉を活用して、企業の評価額を競うコンテスト「第二回全国高等専門学校ディープラーニングコンテスト2021(以下DCON2021)」(主催:日本ディープラーニング協会 以下JDLA)のエントリー受付を開始いたしました。DCON公式ホームページにて、詳細を確認いただけます。

DCON2021は、高等専門学校生(以下、高専生)が日頃培った〈ものづくりの技術〉と〈ディープラーニング〉を活用した作品を制作し、その作品によって生み出される「事業性」を企業評価額で競うコンテストです。

前回大会となった「DCON2020」では11チームが本選に進みしのぎを削った結果、東京工業高等専門学校 プロコンゼミ点字研究会が最優秀賞を受賞。5億円の企業評価額、1億円の投資総額という評価を受けました。プレ大会となる「DCON2019」よりさらにハイレベルな大会となり、オンライン開催ながら大 ...

白熱の事業創出コンテストに決着!上位3チームが5億円の企業評価額で並ぶ結果に

高専生が日頃培った〈ものづくりの技術〉と、AI(人工知能)分野で特に成果を出す技術〈ディープラーニング〉を活用して、企業評価額を競うコンテスト「DCON2020」の本選が8月22日(土)に開催。上位3チームがプレ大会優勝校を上回る5億円の企業評価を受けるハイレベルな内容で、オンライン開催ながら大いに盛り上がる第1回大会となりました。

「第1回全国高等専門学校ディープラーニングコンテスト2020(以下DCON2020)」(主催:日本ディープラーニング協会 以下JDLA)本選を8/22(土) 15:00-18:00 場所:日経ホールにて開催いたしました。

第1回の本選となった今回、二度の予選を勝ち抜いた精鋭11チームが出場しました。ステージ上には、実行委員長として東京大学大学院教授 松尾豊氏、司会にタレントの小島瑠璃子さん、音楽クリエイターのヒャダインさんほか、審査員の皆様をステージ上にお迎え。オンライン中継を介し、事業化も想定して白熱のプレゼン ...

ディープラーニング活用事業コンテスト「DCON2019」出場者から2社目の起業

高専生が日頃培った〈ものづくりの技術〉と〈ディープラーニング〉を活用して企業の評価額を競うコンテスト「全国高等専門学校ディープラーニングコンテスト2019」(以下DCON2019)」の出場者、武智大河氏(所属:香川高等専門学校 三崎・岩本研究室)が株式会社 三豊AI開発を起業。2020年8月19日(水)に登記を行いました。

武智氏はDCON2019での経験が起業のきっかけになったとして、「企業評価額を競うコンテストであるDCONで、ビジネスについて学ぶことができた。自分たちの技術を誰かが使ってくれるのを待つのではなく、自分たちから社会に広めていくことができるのではと考え、起業を通じてチャレンジしたい」とコメントしました。

武智氏は昨年、ディープラーニングを活用した「AI送電線点検システム」でDCON2019本選に出場。結果として、企業評価額3億円 / 投資総額3,000万円と、出場チーム中2番目のバリュエーションを獲得しました。その ...

ライブ配信・司会・出場チーム概要など、詳細を発表いたします。

高専生が日頃培った〈ものづくりの技術〉と、AI(人工知能)分野で特に成果を出す技術〈ディープラーニング〉を活用して、事業の評価額を競うコンテスト「DCON2020」。8/22(土)に開催となる本選の詳細情報を発表いたします。

「第1回全国高等専門学校ディープラーニングコンテスト2020(以下DCON2020)」(主催:日本ディープラーニング協会 以下JDLA)本選につきまして、開催の詳細情報をお知らせいたします。

・当日のライブ配信が決定。司会は小島瑠璃子さん、ヒャダインさん。

今年は参加する方々の安全を考慮し、無観客・オンラインで開催いたします。当日の模様は日経チャンネル(https://channel.nikkei.co.jp/)でライブ配信し、一般の方もご観覧いただけます。
第1回の本選となる今回、二度の予選を勝ち抜いた精鋭11チームが出場。オンライン中継を ...

高等専門学校生(以下、高専生)が日頃培った〈ものづくりの技術〉と〈ディープラーニング〉を活用した作品を制作し、その作品によって生み出される〈事業性〉を事業評価額で競う「第二回全国高等専門学校ディープラーニングコンテスト2021(以下DCON2021)」(主催:日本ディープラーニング協会 以下、JDLA)の開催が決定いたしました。


JDLAは、ディープラーニングを中心とする技術による日本の産業競争力の向上を目指し、ディープラーニングの事業活用を奨励しています。特に、ものづくりと連携したディープラーニングの活用は、日本の強みが発揮されやすい領域です。潜在的に大きな可能性をもつ高専生から新しい事業が生み出されることに強く期待し、「DCON2021」を開催する運びとなりました。

例年DCONでは、ディープラーニングによる課題解決策を事業案として提出いただく一次審査、プロトタイプを制作し技術面での実現性を審査する二次審査を経て、本選出場チームが決定されます。
本選出場チームは、高専出身者を含む事業経験豊富な起業家有志 ...

JDLA主催「ディープラーニング最新情報勉強会」を4月17日(金)17:00-19:30(予定)に開催いたします。

日本ディープラーニング協会が主催するディープラーニング最新情報勉強会は、国内外で開催されるディープラーニングに関する学会やイベントの最新情報を日本ディープラーニング協会の正会員および賛助会員向けにお知らせするためのイベントです。対象は国際学会、国内学会、さらに日本ディープラーニング協会の会員企業が海外で行うディープラーニングが主なテーマの商業イベントなどです。正会員・賛助会員向けに企画しているものですが、G検定・E資格合格者の方にもご参加頂けるように致しましたので、ぜひご参加ください(Q&A対応など、一部会員参加者と異なる場合がありますので、予めご了承ください)。

今回のテーマは GTC 2020

第1回目は日本ディープラーニング協会創設メンバーであり正会員のNVIDIA主催のGT ...

【12/17開催】『JDLA認定プログラム』認定費用無償化制度 説明会のご案内

日本ディープラーニング協会(以下JDLA)は、E資格の受験資格を得るために修了が必要な『JDLA認定プログラム』の認定に係る費用を無償化および減額する制度を開始いたしました。 同制度の対象教育機関は、学校教育法第一条が定める「学校」で、主に高等学校、高等専門学校、大学(短大、大学院を含む)が対象となります。 ▼プレスリリース『JDLA認定プログラム』認定費用無償化制度開始 https://www.jdla.org/news/detail/20191203001/ 併せて、同制度についての説明会を2019年12月17日(火)に開催いたします。当日は認定プログラム制度、認定審査フロー、無償化制度活用の条件について詳細にご説明させていただきます。 プログラム審査員やJDLA事務局担当者に直接質問いただける場となりますので、無 ...
JDLA後援・理事登壇イベントのお知らせ<11月-12月> 11月から12月にかけてJDLAが後援、出展、理事登壇予定のイベントをお知らせいたします。 なお、イベント情報はFacebook(https://www.facebook.com/jdla123/)でも随時お知らせしてまいります。 【後援】ディープラーニングビジネス活用実践講座(全4回) 主催  日経クロストレンド 後援  一般社団法人 日本ディープラーニング協会 日時・登壇者 第1回 11月 8日(金)13:00~17:10 JDLA理事登壇なし 第2回 11月15日(金)13:00~16:50 井﨑理事・南野理事 第3回 11月22日(金)13:00~17:00 佐藤理事 第4回 11月29日(金)13:00~16:55 川上理事 会場  赤坂インターシティコンファレンス 受講料 一般330,000円(税込)/日経クロストレンドセミナー・プラス会員特価308,000円(税込み) 定員  50名 詳細  ...
CDLEミートアップ@大阪 開催レポート CDLE(Community of Deep Learning Evangelists、シードル)は、G検定・E資格合格者の情報交換コミュニティで、AIへの熱い想いを持つ仲間と知り合えるこのコミュニティに参加することは、G検定・E資格を取得する大きなメリットの一つです。 CDLEでは資格合格者の更なるスキルアップのための活動が日々全国各地で行われています。中でも最も活発に活動しているコミュニティの一つである大阪で、CDLEミートアップ@大阪2019#3が2019年10月21日(月)に大阪で開催されました。今回はG検定保持者の趙さん、十石さんが企画し、初めて学習会としてLT大会やワークショップが開催され、JDLA事務局からの2名を含め、計22名が参加しました。

...