【2020年 第3回 G検定結果】7,250名が受験し、累計合格者数は3万人を突破。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2020年 第3回 G検定(ジェネラリスト検定) 結果発表

日本ディープラーニング協会(以下JDLA)は、2020年 第3回 G検定(ジェネラリスト検定)を2020年11月7日(土)に実施しました。今回G検定の受験者数は7,250名。そのうち合格者数は4,318名で、合格率は59.56%でした。
2017年のスタートより受験者/合格者数ともに拡大し続け、G検定の合格者数は今回試験で累計3万人を超える結果となりました。

AI(人工知能)分野の中でも特に成果を出しているディープラーニング技術の産業応用が進み、日本の産業競争力が向上することを目指し、JDLAではより多くのビジネスパーソンに学んでいただけるよう、引き続きジェネラリスト人材の育成に取り組んで参ります。

<2020年 第3回 G検定(ジェネラリスト検定)概要>
名称  : JDLA Deep Learning for GENERAL 2020 #3
概要  : ディープラーニングを事業に活かすための知識を有しているかを検定する
受験資格: 制限なし
試験概要: 120分、小問191問、オンライン実施(自宅受験)
出題範囲: シラバス(https://jdla.org/certificate/general/#general_No03)より出題
受験料 : 一般 12,000円(税抜)、学生 5,000円(税抜)
試験日 : 2020年11月7日(土)13:00より120分


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る